矯正歯科医院でできる最新の治療法について

医療の世界は日進月歩で、新しい治療法というものが続々生まれてきています。従来の治療法よりもずっと利便性が高かったり、効果があったりするので注目すべきです。歯科医療についても同じことが言えます。とくに矯正歯科医院ではかなり特殊な方法も選ぶことができるようになりました。従来のワイヤー治療は嫌だという人は、他にどのような治療法があるのか先生に尋ねてみるといいでしょう。最近よく選ばれているのは、マウスピース矯正という方法です。これは、透明なマウスピースを着用することで歯列矯正を進めていくものです。金属のワイヤーを使うことがないので、金属アレルギーの人でも安心ができます。そのまましゃべったり、食べ物を食べたりすることも可能なので、生活面で支障を来すことが少なくなりました。見た目を気にする女性には最高の方法です。

矯正歯科医院にはどの程度の期間通う必要があるか

子供のときに歯列矯正をしておけば、数ヵ月だけで簡単にきれいな歯並びを手に入れることができます。ただし、これが大人になってしまうと話は変わります。大人の歯はなかなか矯正するのが難しいので、一般的には二年以上という長い期間、矯正歯科医院に通いつめる必要があるのです。もちろんどういった治療法を採用するのかによっても違いますが、ワイヤー治療やマウスピース治療ならそれ以上の時間がかかることもあります。最も短時間で済ませられるのが、インプラント矯正と呼ばれる最新の方法になります。これは、矯正用のインプラントを口のなかに埋め込んで、そこを支点にしてダイレクトに歯を動かしていくものです。力の分散がないので、期間は従来のものと比べておよそ四分の一でいいとされています。さっと済ませたいなら、いい方法だと言えます。

大人になってから矯正歯科医院へ行く

歯科矯正は、大人になってから行うよりも、子供の頃に行ったほうが綺麗な仕上がりになり、費用も安いです。しかし、昔は歯科矯正がそんなに浸透しておらず、健康保険が適用されないので、歯並びや噛み合わせが悪いままにしている人が多かったです。しかし、歯並びが悪いことで、歯磨きがうまくできず、虫歯になりやすかったり、人前で口を開けて喋ることにコンプレックスを感じている人はたくさんいます。そんなコンプレックスをなくしたいと、大人になって自分で稼いだお金を使って矯正歯科医院へ行き治療をする人も多いです。治療方法もどんどん進化しており、銀色の器具が見えることが恥ずかしい人は、透明なプラスチックのマウスピースをはめる治療もあります。器具を歯の表面ではなく、裏側につけて、人にわからないようにすることもできます。治療費は高額ですが、人前で喋ることに自信を持つことができるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)